ファブリックパネルからタペストリーに★その1
  
ファブリックパネルからタペストリーに★その2
 
からの続きになります。

 タペストリーキットを使用し
タペストリーへと変化を遂げたトゥーリ。
 
 
今回は壁への設置方法について。

バーのフックを壁に引っ掛けるための受けとなる金具を
オットに探しに行ってもらいました。ホームセンターへ。





「白よーと」 っていうのと
 
 
 
 

「かけまくり」っていうのを買ってきました。
 



 

どっちにするー?っとしばし相談。
 

結果、バーの厚み分、壁から生地が浮くので
それも考慮して、「白よーと」でいくことに。
  

  
   


水平に「白よーと」を壁に付けてもらい
タペストリーのバーのフックを引っ掛けた図。
 
 
 
 
 
 

近付くと、こんな感じ。


引っ掛けやすく、たとえ子供が生地に当たっても
落ちることもなさそうなしっかりとした窪み。

うん、良い良い(^^♪
 
 

   
 
 離れたら、金具の存在感も全く気になりません。
  
  
  

ファブリックパネルを作ったときは

「この厚みが重厚感があっていいのよね~♡」

って、うっとりしたけれど、タペストリーを作ってみると

「この薄さがすっきりしていていいのよね~♡」

っと、これまたうっとりするという(*´▽`*)
 
 
なんとも幸せな解釈。笑
 
 
いや、でもほんと、どっちもいいよっ!(^^)!
 


過去記事

ファブリックパネルを飾る

ファブリックパネルの作り方
 


壁に飛んでいる鳥さんはこちら↑
いまは両面テープ式になっている!(驚
わたしが購入した数年前は磁石式でした。
(画鋲を壁に差し、鳥さん裏のマグネットとくっつけての設置)
 
 
 
さて、暦の上ではもう春。

トゥーリをタペストリーにしたばかりですが
実はもう春用の生地を用意してあります。

こちらもまた同じタペストリーキットを使い
タペストリーにします♪

タペストリーキット、手軽に出来るので
気に入りました(*^^*)
 

生地の両端の始末や、タペストリーキットへのセットを
また空いた時間に進め、3月になったら新しい生地を飾りたいな~と
計画しています(*^-^*)

雰囲気がガラっと変わりそうですごく楽しみ!

もちろん、今後も季節に合わせ、このトゥーリも登場予定です♪
  



バーの種類、長さによって注文ページが異なります。

オーダーメイドのタペストリー キット【タペア】全種類 
 
 
 


キッチンタオルに丁度良いサイズのタペストリーキット。


 カテゴリ