前回の記事 「アイロンがけの「面倒」を改善
からの続きになります★
 
和室の押入れ内、④のゾーンに作った
出しっ放しOKのアイロンスペース。
 
 



平型アイロン台の下には白い大きな板が1枚。

そして、その下には引き出し式の収納ケースが2つ。
   
 


これの、1段づつバラしておけるタイプ。
現在、見付けられず><;
元々②にのゾーンで使っていたものを移動させました。
子供服を収納しています。

  
 

引き出し式の収納ケースを置いた理由は
立ったままアイロンがけをしたいから
そのために丁度良い高さを確保するため。
 
ケースのおかげで、作業しやすい高さになりました。
  
このケースがないと、低すぎてしまい
立ったままチャチャっとできくなってしまうのです。
   
    
 
 
でも、チェストの上には凹凸があって安定感がイマイチ。

それから、アイロンマットを置くとはいえ
高温のアイロンの熱で、チェスト上部は大丈夫なんだろうか???
  
っという不安があったので・・・
  
  
 
  
 白い板を1枚、チェストの上に置きました(*^^)v
 
 
↑この板を置きました★
キッチンカウンターのときと同じお店の
同じ種類の化粧棚板。

参考過去記事→カウンター上ラックに棚板をプラス
 
 
板のおかげで、フラットになり作業がしやすい!
アイロンの熱も気にならない!

   
 


板を置いた理由はもうひとつあります。

隙間を埋めるため!
 
アイロンがけすることを考えて
チェストを前方に寄せて置くと
奥にはこんな隙間ができてしまうのです。

板を置くことで、この隙間も埋めることができました。
   

  
さらに、横の隙間も埋まりました~。
  
引き出しを出し入れするためには
蝶番(扉の金具)と干渉しなようにするため
隙間を開けて置かなければいけないのです・・・
 
板のおかげで見た目もスッキリ!

板の重みで、チェストが動くことなく固定されました。
 
アイロンがけは板の手前のスペースだけで事足りるので
奥の空いたスペースはまた違うことに使う予定。
 
左横の空いたスペースもすでに使い道は決まっているのでただいま準備中。
 
 
 
 
全然使いこなせていなかった和室の押入れ。
まさかアイロンスペースになるとは我ながらびっくりだけど
今までものすごーく面倒に感じていたアイロンがけが
なんのためらいもなく(!)気軽にできるようになったことは
わたしの中ではすごく画期的な出来事です(´▽`)
 
今までアイロンをかけたことがなかった
子供の給食ナフキンやハンカチにも
急にアイロンかけちゃったりなんてして!
なんだかいいお母さんになった気分~♪笑
  
・・・・って、
い!い!今まで、
給食ナフキンやハンカチに
アイロンかけていなかったの!!??
・・・って声が聞こえてきそうですが
 
かけていなかったんです・・・。
集団生活が始まって今年で7年目ですが。

その家事、ずっと省いていました・・・(>_<)

干す前の パンパン!! と、
畳むときの 手の平アイロン で
乗り切って?いました(*´▽`*)アハ
 
  
衣類のちょっとだけ気になるシワも
「まぁいいや~」っと着てしまわずに
着る前にサッ!とアイロンがけするように♡
 
 
子供達が持ち帰ってくる給食当番のエプロンも
「げっ!!」っと思わずに
サラリとアイロンがけ♡
  
  
   
  
押入れの扉を開くと出現する
「出しっ放しOKのアイロンスペース」

家事の時短にもつながったし
アイロンがけに対する負のイメージも払拭され
和室の押入れも有効活用できて。

満足~(*^-^*)
 
そういえば、我が家のメイン掃除機も
同じような発想で収納しています。

掃除機の収納は「出動しやすく・戻しやすく」



掃除機をかけるという作業も・・・

掃除機をかけることは部屋がキレイになって
気持ちいいからキライじゃない。
だけど、掃除機を出してきたり、しまったり、
コンセントを何度も差し替えたり。
そういう準備・片付け・途中の動作が面倒なの!!

って人、多いはず。
もちろんわたしも。
 
 
面倒に感じる家事の、その原因を探って
改善するように対策を考えていけば
案外、なんでもすんなり取り組めるようになるのかも!?


掃除機がけ、アイロンがけ。
それ以外の面倒な家事に関しても
今後、なんとかしていきたいな~。
 
 
こんなアイデア商品も!
広げるとアイロンマット。
畳むとアイロン収納バッグ。

 
さて、和室の押入れ、その上の③のゾーン。
羽毛布団の収納に関して、次回に★


 カテゴリ