ファブリックパネルからタペストリーに★その1

からの続きになります。
  

トゥーリのファブリックパネル、
無事に(!?)タペストリーになりました(^o^)/
 
 
 
 
 
 
 タペストリーキットを使用☆
  


こちらのキットです↑
 
 
長さはオーダーなので
ぴったりに作ることができます。
 
ぴったりといっても、生地の幅プラス1㎝が
オススメということなので、そうしました。
 
両端5mmづつバーのほうが長い仕上がりになります。
良い感じです(*^-^*)
  
生地の上下約4.5㎝はウェイトバーに隠れるので
デザインによっては、そこは要注意★
 
作成方法は、ショップの商品ページの説明が
写真も大きく、わかりやすいです♪
 
バーは、「塩化ビニルホワイト」「塩化ビニルブラック」
「アルミナチュラル」「アルミブラック」の4種類。
  
わたしが使ったのは「塩化ビニルホワイト」です。
白い壁にはこれが良いかな~と思います(*^^*)
  
 
バーの種類、長さによって注文ページが異なります。

オーダーメイドのタペストリー キット【タペア】全種類 
 
 
 
ファブリックパネルは無謀にも当時2歳だった次男と一緒に(?)
作成しましたが、今回は長男・次男→空手、三男→お昼寝中という
静か~な週末、ひまそうにしていたオットを巻き込み(!)作業しました。
  
接着バーを生地に貼るとき、曲がらないように
反対側をオットに持っていてもらえれば~
っと思ったんだけど、息が合わな過ぎてまぁびっくりびっくり((+_+))
  
そっち持っててね、こっちから貼るから、って言ってるのに
こっちが下ろそうとしているときに
どーしたことかそっちも下ろしちゃって
結局、へにょんと曲がって着地・・・。 
 

 
オイッーーーーーーー(`´)!!!
チョットーーーーーー(+o+)!!!


同時に文句。

なにこれ、ひとりでやるのと大差なし(ー_ー)!!
 

   
でもなんとか仕上がったヨ(●^o^●)笑
 
 
参考までに、我が家のタペストリーは
バーの長さが84㎝。

生地の横の長さが83㎝。

生地の縦の長さが130㎝。
(縦の長さは、完成したときの長さです。バーの中に挟む部分があるので
実際の生地の長さはもう少し長かったです。)
  


過去記事

ファブリックパネルを飾る

ファブリックパネルの作り方

こちらは↑マリメッコ生地の幅にぴったりな
148㎝のタペストリーキット。
 
次回は壁への取り付け方法です★


 カテゴリ