10d248c2.JPG


洗濯機が壊れかけて、新しいものを買おうと

ドラム式VS縦型の記事を書いたのが今年5月のハナシ。




その直後に、飛び蹴りという大きな声では言えないショック療法で

一度は立ち直った我が家の洗濯機。

(それに関してはこの記事にアリ)





が、しかし。

またしても始まった悪夢の

すすぎオンパレード(-ω-)

これ、ほんと怒れます!!!




誤作動だけでなく、汚れ落ちも悪い、洗濯時間が長い

節水ではない、などいろいろ不満があったので、ついに、新しい洗濯機を買いました!!






・・・っといっても、買ったのはもう2カ月前のハナシ。

(記事にするの遅ッ!!)







ようやく、新しい洗濯機の紹介です。


メーカーはSANYO。


で、またしても 縦型 です!!






買い換えると言ったらドラム式を選ぶ人が多いと思いますが、あえて縦型。


理由はやっぱり以前の記事で書いたことがほとんどです。





それに加え、実家がドラム式なのでシュミレーションした結果

わたしにはどうも使い勝手が合わず。





左右どちらかに開く扉も邪魔@@;

洗濯後は湿気カビ防止で扉はずっと開けておきたいので。





それと我が家は脱いだ後の洗濯物を入れるカゴはありません。

脱いだものや使用済みのタオルなどは、各自ポンポン洗濯機に投げ込むので。



洗濯機がカゴの役目も果たすのです。

ドラム式だと入れた洗濯物の山が丸見え~~。

縦型なら覗きこまなければ見えない~^^




そして、我が家、洗いあがった洗濯物を入れるカゴもありません。

洗濯物は洗濯機から出しながらホシ姫さまにかかっている洗濯ピンチに干していくので。

そのときも縦型のほうが出しやすいのです。

→ 詳しくは我が家の洗濯物事情 参照♪




洗う前の洗濯物を入れるカゴと、洗い終わった後のぬれた洗濯物入れるカゴ

この両方がないことでかなり洗面所がスッキリします^^v





見た目やデザイン性ではドラム式のほうが数倍いいけれど

毎日使うものなので、自分にとっての実用性重視で、縦型を選びました。





 
で。

乾燥機能に関しては、現在は必要ないという結論にたどり着きました。

雨が続いたくらいでは間違いなく乾燥機は使わないです、わたし。

だって、節電派。  

いや、ケチだから。爆    

(ちなみに今月の電気代は7288円@オール電化)




乾かすってことにお金をかけたくないのです~。

干しときゃいつか乾くしね。

結婚してからもずっとそうしてきたのだし。

晴れの日も、乾燥機を使えば干さなくて済むというメリットもありますが

わたし「干す」という作業は全くに苦にならないのです。




今後、子供が小学校に行ったときなど

どうしても速攻乾かさなければいけないものがあれば

近所のコインランドリーに走ろうと思います^^




乾燥機、頻繁に使うのなら欲しいけれど、たまにしか使わないのならば

そういうのも手ですよね。






が!

選んだ洗濯機に、たまたま部屋干し乾燥というものが付いていました。

でも、使ったことがないので、どの程度の乾燥をするのか不明^^;

ちょっとだけ乾燥させてくれるのだと思われます。

わたしが、この機能を使うのは一体いつなのでしょう? 

なぞ。笑





洗濯機の一番こだわった部分は何か?

そのはなしは次回^^