DSC06303.JPG





洗面所のこの収納は、洗面台の向かいにあります。

洗面台に立って振り返ると、この収納がある、という感じ。

収納の右側は、洗面所のドアがあります。


実はこの収納・・・・・


あるものを利用しました。


なんだと思いますか?



本来、玄関にあるべきものです。




そう、、、、、












下駄箱  
なんです!





扉を開けると、可動式の黒い棚がたくさんついていて、ほんと正真正銘の下駄箱^^

でも、これが、かなり使い勝手が良くて重宝しています。




そのシーズンの自分の洋服とオットの洋服で、

ハンガーにかけなくても良いような服の一部はここにあります。

わざわざ2階まで着替えに行くのが面倒なので^^

タンスのように使っているわけです。




かと、思えば、化粧品なんかもここに納まっています。

棚にぴったりのプラケースを用意して、そこに化粧品一式入れて

化粧するときは、そのケースを洗面台にだして使います。



タオル類も、ここに入っています。



一番下の段には、お風呂上り用の次男のオムツや、買い置きのシャンプーなんかも。

いろいろ入れちゃっています。



でも、なんで下駄箱かって?




それは・・・・・








安いから *^^*







工務店の完成見学会で、下駄箱を洗面所につけているお宅があり、実際に見て、

安くてこの収納力ならいい!絶対マネしよう!と、決めていました^^

もう洗面所にかけるお金はエコカラットで使い切っていたので

いかに安くおさえるかが重要課題だったので。





そのお宅と違うのは、写真にも写っていますが

下駄箱のサイドの部分を壁で巻き込んだことかな。


これはオットのこだわりで、オットが必死に設計士さんに説明していました。

作り付けの収納のように見せかけるためです。

壁で巻き込まないと、サイドの部分は下駄箱の面材がむきだしになります。

オット、それがどうやらイヤだったみたい。

「置いてあります風」になるのが。

わたしは、イマイチよくわかってなくて、出来上がってから「なるほどね♪」でした^^;