DSC05699.JPG


前回の記事 我が家の失敗点は勝手口 の続きになります。




苦肉の策として、勝手口に取り付けたのは、


白のウッドブラインド です。





どうでしょうか? 

前回の記事の写真と比べて随分マシになった気がしません??

(え?自己満足?^^;)




主張しまくっていた勝手口の存在を

ウッドブラインドで薄めたのです。笑





夜は羽をピチっと閉めちゃいますが、昼間は光を入れるため、こんな感じ。

ロールスクリーンも考えましたが、ロールスクリーンだと

開けるか閉めるかになってしまい、光の調節ができません。




光を入れるために開けたら、またあの THE勝手口 が丸見えになっちゃって意味ないし。

さらに、この勝手口、ガラスの部分は上げ下げ窓のようになっていて網戸付き。

夏場は窓部分を開けて網戸にします。




ロールスクリーンだと、全開にしなければ風が通りませんが

ウッドブラインドなら羽の向きで視線を遮りつつ風を入れられる。



普通のブラインドより、ウッドブラインドは重いため、風でバタバタしにくい。
(強風じゃダメだけど^^;)

あと、見た目からいっても、ロールスクリーンよりもウッドブラインドのほうが好みだったため

ウッドブラインド採用になったのです。

(設置したのは去年の初夏)




DSC05688.JPG


本当はドア枠内に取り付けたかったんですけど

写真の通り、上の方にあるあそこの部分と干渉してしまうためムリでした><




ドア枠内に収めたほうが見た目もスッキリするし、壁から飛び出ないので邪魔にもなりませんよねぇ。

っと言ってもしょうがないので、渋々の壁付けとなりました。




DSC05693.JPG


羽の採光調節や上に畳むときに、このひもを使います。

しかし、このひも、見た目、ブラブラうるさいのです。

こういう上から垂れているひもはキライ・・・

(→参照記事はこちら

次男がわけもなく引っ張るし^^;





そんなときのお助けアイテム。

DSC05694.JPG

ひもの先端についているこれで・・・







DSC05695.JPG


上の方で、ひもを挟んでとめちゃえばOK^^

次男の手も届きません。

ブラブラ感も半減。







DSC05689.JPG


ウッドブラインドの欠点。

うちの場合は羽の幅を細めにしたので、枚数が増えたため、余計にそうなのですが

畳んだときにぶ厚くなります!!





我が家は勝手口は開かずの扉なので

このように全部上に畳むことは全くないのでいいですけど

昼間開けておきたい窓に付けた場合は、羽を畳んでいる間は見苦しいカモ・・・。

もったり重々しい感じ。

そんでもって、畳むとき、下ろすときに時間がかかります。

ロールカーテンをサ~っと軽快に開けるのとは訳が違う・・・。

ウッドだけあってやや重いし、ヒモをよいこら、よいこらかなり引っ張るんですよ。

(よいこらって、、、、わたし何歳?笑)



気にならない人もいるでしょうけど、わたしは手間に感じます。

よく開ける窓には付けたくないなぁと思っちゃいましたね^^;




まぁ、そうは言っても、ウッドブラインド、見た目は大好きです!

ナチュラルで♪

失敗したなと思っていた勝手口が、このおかげでなんだかチョット好きになったくらい!

(た、単純~。笑)





そうそう、羽のお掃除は↓これがすっごく使いやすかったですよん。

 


羽が白だとほこりが目立たないのですが、やっぱりたまには掃除しないとね^^v





■■■今日の、これ気になるッ!■■■

 

SCALA HAT を購入しました!
色はトープ♪

この帽子、つばが広くて、日傘並み。笑
首も顔も紫外線カットで、レジャーにはかかせない存在になりそうです。

↑このお店は、もうほとんど売り切れですね。
わたしが先週末買ったときは全色あったのに。
この時期、帽子を買う人相当多いのですねぇ。


 

同じ帽子。
現在↑このお店が最安値だと思います^^

色の取り扱いが少ないですが、好みの色があればお得☆
 

 

↑同じSCALAの帽子ですが、つば短めタイプ。



 カテゴリ