DSC05671.JPG


今日は、前回お披露目したダイニングテーブルについてです。

(ダイニングテーブルを検討していたときの記事はこちら。)




ドイモイのマザーアースムクプラスというテーブル。
(↓詳細はショップさんのページをご覧ください☆)




無垢の木のテーブルには憧れるけど、子供が小さいと気になるのは食べこぼし。

子供だけではなく、わたしだって時々こぼすし、オットだってこぼすときも・・・。



ビニールマットを敷けば防げるけれど、それだと無垢にした意味がない。

質感と肌触りの良さが無垢の特権なのに、それがなくなってしまうなんて悲しすぎる><

(もともとビニールマットってキライなんです。参考記事→パソコンデスクにビニールマット





このテーブルなら 本来気を使うはずの無垢材なのに、マットを敷かなくても大丈夫!

それが決め手となりました。




実際、テーブルが届いた初日に、次男君、記念すべき初こぼし。笑

(コップ飲み、まだ時々勢いよく口に運びすぎて、こぼすことがあります^^;)

DSC05220.JPG


浸透したりしないので、余裕でカメラ撮影^^

うそ。ほんとは オイオイ、いきなりこぼしちゃって、テーブル大丈夫なのっ?><

 っとあせった。笑



が、拭いたら、問題なしでした^^v

もう、カレーが飛んだり、マヨネーズが付いたり、いろいろしていますが、平気です。

今までの安いテーブルと同じように使っています。



テーブルの材はタモ。

そして1枚板のつくり。




実際は1枚板ではありません。

貼り合わせて、1枚板のように見せています。




本物の一枚板のダイニングテーブルなんていったら、倍以上のお値段ですからね。

↓こんな目が飛び出るような金額のものもあります・・・^^;

 

1枚板というと、「和」のイメージが強いように感じます。

が、その力強さというか、貫禄のある姿に魅かれます^^




そして、このテーブル、ほんとすっごいドッシリしています。

天板と脚は離れた状態で届いたのですが、天板の重いこと重いこと!

とても大人ひとりじゃ持ち上げられません。




組み立ての仕方は簡単でしたが、とにかく重い。

(オットがやりました)

DSC05674.JPG



天板を見た第一印象は、 おおおおおおおお、キレイ!! でした。



ほんとの1枚板みたいっ♪ って。

木肌もすべすべしていてずっと触っていたくなるような感じ。

耳(側面)の部分も味がある。

ぶ厚い天板も、存在感あって素敵。



オットと2人、「ん~、いいねぇ~」 を連呼。


が。

よーくよーく見たら 「ん??」 と思うところも。

例えば、こんな所。↓

DSC05669.JPG

↑天板表面に、波打ったようになっている箇所あり。

へこんでいる様にも見えますが、実際はフラット。



なんでこのように波打ったような部分があるのか

発見して以来、ずっと気になっていました。




で、ついに?

ドイモイに電話取材しました。


(って、電話取材は大袈裟です。ただ電話で聞いただけ。画像はメールしました。)




ブログにこの画像を掲載するにあたって、適当なことは書けないですからね。

こういうときは、聞いてみるに限る!





で、ドイモイさんの回答。


天板の表面近くを、枝が通っていた為、
枝の成長に引っ張られた木目が歪み、このように見えます。







ついでに、もうひとつ気になっていた箇所も聞きました。

DSC05670.JPG

↑天板の耳の部分。黒いところがあります。

反対側はないんですよ。

どうしてだろう?と思っていました。





ドイモイさんの回答


耳部分の黒っぽく見える部分は、もともと木が持っている色です。
一本の丸太でも、南向きと北向きで色が違ったり、
年輪の間隔も違ったりします。
個体により、さまざまの木目や状況がありますし、
自然のものですので
プリント合板やベニヤのようなものではない、無垢材の証で、
そこに価値があります。
もしこのようなもののない、天板を作ろうとすると
無垢とは思えない味気ないテーブルになってしまいます。


なるほどね~、です。

どちらも無垢だからこその現象だったようです。

合板とは違い、いろいろあるんですね。

聞いてスッキリです^^




どちらの現象も、木によって様々なので、歪みや黒っぽい部分がでないテーブルもあるし

多めにでるテーブルもあるそうです。

(あたりはずれ、ではないですが、自分で選べないのがネックに感じる方もいるかもしれませんね^^;)




■■■今日の、これ気になるッ!■■■

 

ダイニングテーブルの上に置いてあるグリーンは、サクララン♪
先日記事にしたシュガーバインと一緒に買ったもの。

うちにきたのは、画像にはないピンクの葉が入っていたんですよ♪

またいずれ記事にしますね☆




 カテゴリ