今回の記事タイトル・・・・
自分で付けといて、なんか恥ずかしい。笑
 
12月に購入したジョレンの眉毛ブリーチ剤。
 
12月に1回、1月に1回、今月1回。
合計3回使ってみたのですが・・・・

これね、わたし、この先ずっと使うと思います(^o^)/
  
 
商品のサイズは、iPodtouchと比較して頂けるとわかると思いますが、小さいです。
とはいえ、眉毛にしか使わないので、一度買えば何年も使えちゃうと思います。
(あ、使用頻度によりますが。わたしは月イチのペースでいいので。)




 

右が1剤のパウダー。
左が2剤のクリーム。

パウダーは、蓋ギリギリまで入っているので、そぉ~~~と!!開けましょう。
エイ!っと勢いよく開けると飛び散るので気を付けてください。






 
 
使用方法☆

付属の小さなスパチュラで適量の粉を取り、付属の小さなトレイにのせます。

で、スパチュラをティッシュなどで拭き取りキレイにしたあとに、今度は粉の2倍ほどの量のクリームをとり、トレイの上でよーく混ぜ合わせます。
(画像は混ぜ合わせた図です)
 
これで準備OK。
あとは、眉毛が完全に隠れるようにスパチュラで塗りつけます。


 

こんな感じにね! (取説の画像)

で、15分ほど放置後、スパチュラでクリームを取り除き、洗い流したらおしまい!
超簡単。
 
 
わたしが感じた注意点としては、混合クリームはなるべく眉毛の上だけにつけるようにして、皮膚部分にはみ出さないように気を付けること!!

初回は、自分の眉毛が薄いことをすっかり忘れ、混合クリームを作り過ぎてしまいまして。
でも残したらもったいないよなーって、こんなとこでもケチ精神が働き、べったべったに塗ったら、激しくはみ出し、皮膚に付着。

洗い流した後、眉毛の周りの皮膚が赤くなってしまうという事態に((+_+))
すく治りましたが、あせったので(^^;)


 
あと、塗ったあとの放置時間ですが、わたしは15分で程よく脱色できましたが、色の抜けにくい方は取り除いた混合クリームをさらにもう10分ほど塗りつけるように書かれています☆
(わたしの眉の毛質は細め、量は少な目です。)
最初は色の様子を見ながら、少しづつ時間を伸ばすと安心だと思います。

やってみた感想としては、眉毛の色が程よく明るくなると、なんだか垢抜けるな~ってこと!
アラフォーなりにね。笑
自己満足の世界なんですけど( ̄▽ ̄)フフ




それにしても、顔の印象って、毛で変わるなーってことは、よく思います。

「髪の毛」と「眉毛」と「まつ毛」

この3つの「毛」がいい具合だと、印象が変わるような気がします。

髪の毛はカラーしてちょっと明るく、
眉毛もブリーチしてちょっと明るく、
そして、まつ毛はマスカラで長さを出す。(ホントはマツエクを定期的にしたい)
 
これをするのとしないのでは、顔、変わるよね、って思う(*´▽`*)

だけど、髪の毛も眉毛も、黒いほうが似合う人もいますよね。
そういう人はいいなぁ、羨ましいなぁって思う!
地肌や毛の健康のためには、何もやらない自然な状態のほうがいいですもんね~。

ヘアカラーはヘナのほうがいいのかな~って最近調べています。わりと真剣に。^^

 
 
 


ジョレンのクリームブリーチ剤。
今のを使い切るのが何年後になるかわかりませんが、またリピします。

今まで、眉マスカラ派でしたが、仕上がりは断然ブリーチのほうがいいです。
何かつけてるわけじゃないから自然なのです。

眉マスカラを塗る必要がなくなり、メイクの時短に繋がったことも嬉しい(^^♪

眉つながり?で、次回はわたしが使っている眉のメイク用品のことを☆



 カテゴリ