837cc31c.JPG



昨日の記事の続きになります。

玄関に姿見設置その1





大工さんが提案してくれたナイスな姿見の設置方法。

それは木の板を上下にかませて固定する方法でした!

 



 
鏡の裏の白い枠と中の板には段差があります。
 
その段差にはめ込めるように、厚み、サイズなどぴったりのサイズの板を

鏡の上部と下部にあたる位置にビスで打ち付けます。














055.JPG


そして、そこに鏡をバコっとはめこみます。
 


 
はめただけで、もうびくともしないほどの安定感でしたが

さらに鏡とさっきの板を、上下ビス止めして固定。

(↑この写真は下部をビス止めしてくれている図)




こんな感じで、すっごーく頑丈に固定されました^^

横から触っても、押してもぴくりとも動きません!

安全!!




しかも、ビスが正面からは全く見えない!

美しい!!



さすが大工さん



素人には到底思いつかない設置方法でした。



普通に壁吊りで設置するのは危険ではないかと指摘してくれたアフターさん。

そして、安全性バツグン&見た目もバッチリに設置してくれた大工さん。

2人にはほんと感謝感謝でした!

(ここまでしてくれて設置は無料なんて申し訳ないほど
 
 
 









こんな感じの鏡です↑






  

鏡をアクセントにするのなら、無垢材もステキ^^