よじ登り期?な三男(11ヶ月)・・・
このあとダイニングテーブルに当たり前のように(!)登りチョコンと座る・・・
降ろしても降ろしても登る様子に、長男&次男が
呆れ顔で 「ほんっと目が離せないね、三男クンは」っと。
ついこの間まで、君達もこんな感じだったんだけどねー。笑
月日の流れは速い速い。








前回からの続きです。


ダイニングに専用掃除機を置こうと決意。


数年前、次男が1歳くらいのときも同じように
凄まじい食べこぼしにお手上げ状態となり
ダイニング用に掃除機を購入しているわたし^^;

しかしあんな理由で使用しなくなってしまい・・・・。

結局、洗面所でも使わなくなり(←クイックルワイパーのほうが手軽で・・・)
2年前くらいかな、実家にあげました><;


なぜ、わたしはマキタを使いこなせなかったのか。
新しい掃除機を迎えるにあたって、しっかり解明しておくことに。
同じ失敗は繰り返さないゾ。 ←真剣!笑




不満だったことがいくつかあるのです。



わたしが使っていたマキタは数年前のものですでに廃盤。
現在のパワフルなマキタとは仕様が異なりますので
昔のマキタを使っていた、わたしの個人的な使用感になります。




その1 「吸引力不足」

吸引力、物足りませんでした。
わたしの場合、サブ掃除機にも吸引力を求めてしまいます。
また後日メイン掃除機でしっかり掃除をすればいいのだけど
それが二度手間に感じてしまうという横着者で^^;




その2 「充電するのが手間」

本体からバッテリー(電池?)を抜き取って、充電器に差し込んで充電するタイプでした。
この抜き差しが何気に手間で・・・・><;
本体のフタを取らないといけないこと、バッテリーが重かったこともあり。
使いたいときに限って充電不足、パワー不足ということも多々あり。
充電器を置いておく場所の確保も必要。←邪魔にならずほこりをかぶらない場所がなくて^^;




その3 「苦手な紙パック式」

これは意見が分かれるところだと思いますが
わたしは紙パック式よりもサイクロン式が好き。
(メイン掃除機もサイクロン式を使っています)

 理由↓

●定期的にゴミを捨てたり、フィルター掃除をすることで
常に強力な吸引力を維持できるため

燃えるゴミの日に、ゴミ箱のゴミを回収するように
メイン掃除機のゴミも回収しています。(週に1回)
もう習慣になっています。
回収したあとパワー全快になった掃除機を使うのが快感なので
この手間は惜しみません。笑


●掃除機内に大量のゴミをストックしないことが衛生的に感じるため

アパート時代、メイン掃除機が紙パックだったのですが
数ヶ月使用して、交換時、ものすごい量のゴミが溜まっているのを目の当たりにして
かなりゾッ~~としてしまったのです^^;  
常は見えないけど、大量のゴミがずーっと掃除機に入れっぱなしになっていたのか~っと。
その中には食べかすもあるわけで・・・@@;虫とかダニとか大丈夫なのかな??なんて心配になり。
掃除機内もゴミ箱のようなもの。週に最低1回は溜まったゴミを捨てたいです。気分的にも。


●紙パックのスットクが不要なこと

サイクロン式なら紙パック代金も紙パック収納場所も不要。











吸引力があって

充電方法が簡単で

サイクロン式。


これがわたしが求める掃除機なんだということが
整理してみてハッキリわかりました^^




掃除機選びの旅はつづく~。










現在売られている上位機種のマキタはとてもパワーがあるようです!
レビューもすごくイイ!
パワーアップはとっても魅力的*^^*


マキタは種類がいろいろ。
お値段もいろいろ!→マキタショップヤマムラ京都

























 カテゴリ