三男・生後3ヶ月☆うつぶせもしばらく平気になりました*^^*




長男のときも次男のときも
0歳のときの夜の寝かしつけは
「母乳を飲ませながら」
っていうのが定番でした。



それ以外の方法で寝かしつけようなんて考えたこともなく
当たり前のようにそうしていました。

が、三男の育児で初めて、なるべく、寝かしつけ方法を
「添い寝でトントン or  なでなで」
にするようにしています、生後1ヶ月頃から。

寝るんですねー、生後間もない赤ちゃんでも添い寝で!
おっぱいがなくても、抱っこしなくても!
3人目にして知ったわたし^^;


今回初めて、ベビーベッドを使用せず
わたしのベッドで新生児のころから一緒に寝ているんです。
だから添い寝でトントンやなでなでもしやすくて^^





きっかけになった本。
夜泣きに悩むお母さんたちに人気。




赤ちゃんと睡眠って奥が深い!
本屋さんでパラパラしたけど内容濃い。




・新生児の頃から生活リズムを整えることはとっても大事
・眠りとおっぱいを深く結び付けてしまうと夜泣きするようになる


目からウロコ、ぽろぽろー。


おっぱいがないと寝られない、とか
抱っこorおんぶじゃないと寝られない、ってなると母は大変~。
3人目は添い寝で寝られるように、早くから習慣付けることに!


・・・って言っても、まだ小さいから
おっぱい飲みながら寝ちゃうことが多いんだけれどね^^;
寝ちゃったときは仕方ない。
わざわざ起こすようなことはしていませーん。


おっぱい飲み終わっても寝ていなかったとき
「チャンス到来~!」っとばかりに
昼間も夜も添い寝で睡眠にもっていきます。


その時間が最近すごく楽しい~(*^▽^*)
最初は大体真っ赤になって大泣きするんだけれど
腕枕してあげてトントンなでなでを繰り返していると
だんだん目がとろーんとしてきて。
そのときの可愛さ&達成感といったらもう!!!笑



三男の場合、トントンなでなでに加えて
グーにしている手をわたしの手のひらで包んであげて
かるーくギュッギュッとしてあげるのもかなり効果的なことに
つい3日前くらいの気付きました。
とろ~んまでの時間が一気に短縮!
こういう寝入りポイントの発見もウレシイー(_≧Д≦)ノ彡☆


子育てを楽しむには母がラクであることも大事なはず。
頭痛持ちのわたしは、「抱っこ→肩こり→頭痛」 のパターンを避けるためにも
添い寝で寝かしつけはすっごくいいー^^ 体が休まるー。

寝入ったあとにすぐ起きちゃったとしても
寝かしつけが大変じゃないぶん「残念感」も少ないしね。←これけっこうな重要ポイント。笑


今後も三男の寝入りポイントを探りつつ♪ 「添い寝」、続けていこうと思います^^v