76e1eb71.JPG


階段下収納、どうもうまく使いこなせず、物を押し込んだまま、放置状態でした。



我が家の階段下収納の場所は、階段の左側。

写真だと、3本のアクセント柱の後ろに見える折れ戸の中がそうです。

リビング内というか、トイレ&洗面所に向かう廊下の途中にあるというか。

家のほぼ中心にあるので、うまく使わなきゃ!




階段下収納のサイズは、

横86cm  奥行き191cm。


奥行きが横幅の2倍以上もあるという・・・。

まるで洞穴(ほらあな)です(-ω-)



さらに、階段下なので、階段の傾斜に伴い、半分より奥は高さ126cmしかありません。

途中からは腰を曲げないと中に入っていけないということ。

はっきり言って使いにくい・・・。





で、苦肉の策!?

こんな風に使うことにしたのです。



6c135895.JPG


天井が低くなるところを境に、手前と奥、分けて考えることに。

手前は普通に立っている状態で使える非常に使い勝手が良い部分。

そこに、普段良く使うものを集結。



そして奥にも入っていけるように通路を確保。

今までは通路を確保せずにどんどん物を入れていたので、

奥には入れないという事態になっていました。

(奥のものを出したいときは一苦労!)




床に物を置くと通路が確保できなくなってしまうので、

ならば上の空間を最大限生かすぞ!と意気込み、

投入したアイテムが


突っ張り棚。


手前に2つ、奥に1つ設置しました。





突っ張り棚その2の高さが、奥の天井の高さと同じです。(126cm)

わたしの丁度胸元くらいの位置。

この棚に置いたものは非常に取り出しやすい高さです。



収納したものをざっと画像内で紹介↓

f4293c43.JPG


手前の収納。

一番下の子供の洋服を入れているボックスと、

一番上の普段使うバッグを入れるボックス以外は、

全て無印のものです。

浅い引き出しや、深い引き出し、横長の引き出しなどを組み合わせて設置。

この無印のケースは引っ越してすぐに買って、もう1年半以上使っています。

使い勝手は良いです^^

(今までも階段下で使っていましたが、床に直置きでした^^;)




この無印のケース、半透明で中身が見えるので、

最近はやり?のプラダン を切って中に入れ、目隠ししています。

でも、微妙に下のほう見えています><




引き出しの中身が一目でわかるように、ラベル貼りも今後する予定★

まだ、何をどこに入れるのが使いやすいのか検討中。









この改造で、階段下収納、かなり使い勝手が良くなりました^^

頻繁に使うものが目線の高さで取り出しやすいのも◎。

滅多に使わないものは奥の天井の低い部分に収納したけれど、

通路は確保してあるので、取り出せます。

















 


今回の改造で、突っ張り棚は安くて使えるアイテムだと思いました!

横のサイズだけでなく、耐荷重は要確認。



















 カテゴリ