活用している本。

「子どもはレシピ10個で育つ。」

本の帯に書いてある
「毎日のごはん作り、疲れていませんか?」
の問いかけに

疲れていますとも(ー_ー)!!

って激しく賛同し、書店でソッコー手に取った!
そして速やかに買った。笑

まじで疲れてるもん、ごはん作り。
メニュー考えるのも、作るのも、片付けるのも、
ぜんぶめんどくさい。
ぜんぶやりたくない。
ほんと心底そう思ってる。 ←主婦失格か!

しかし、やらなければいけないってわかってるよ。
ほかに誰も作ってくれないし。
毎日総菜買うわけにもいかないし。
栄養面は気になるし。

だから時々、こういう料理本を買って自分に活を入れることって大事だよね。
この本からは多大な影響を受けました。
 
主婦になってから約15年。
3回くらいしかやったことがなかった唐揚げを
ここのところ月2くらいで作るようになった!!


 


だって、

「唐揚げは最強の時短料理だ!」

って書いてあるんだもん。
 
1分でもはやく夕飯を並べないといけないとき、
迷わず唐揚げを作ってください。って。

はぁ?なに言っちゃってんの?って思ったけど、、、、
 
この本のつくり方なら漬けおきなしのポリ袋ひとつで準備完了。
15分もあれば完成。

卵と片栗粉と小麦粉で。
卵がポイント。

確かに恐る恐る時間のないときにやってみたらすぐできた!
そして子供たち喜ぶ。
めちゃ食べる。
なにこれいいじゃんって。笑
 
 
 
 

「揚げ物の苦手意識は春巻きで克服」

って書いてあったので、これまた初めて作ってみたらちょー簡単。

具材はなんでもいいんだね~。
本には千切りキャベツ&ニラ&豚肉。
適当に納豆&チーズとか魚肉ソーセージ&チーズとかでもやってみた。
パリパリで子供たちよく食べる。
なんでも巻いてしまえだね!


あとは、「揚げ物はむしろ蒸し料理」っていう考えにも影響を受け、
揚げ野菜もやるようになりました。

自家製厚切りフライドポテトなんてほくほくで激うま!!
ついでにごぼうとかさつまいもも揚げる。揚げまくる!

揚げ物以外でも
 
・湯で野菜は余熱で火を通す(ブロッコリーは30秒!)
・コールドスタートという手段
・しらすやカツオ節も立派な魚
・困ったらとりあえず肉を焼く、そこに「なにをのっける?」で考える
・つくりおきは家族にとっては残りのもの
・マンネリという言葉に縛られているのは自分だけ

などなど、いろいろな考え方がすごく参考になり、
「へー!!!!」を連発しながら熟読しました☆
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

子どもはレシピ10個で育つ。 [ 上田淳子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/7/3時点)


良書。おすすめです★


 カテゴリ